現代の日本におけるお葬式と永代供養の意義

現代の日本におけるお葬式と永代供養の意義 日本ではこの数十年の間に、お葬式の形態やその後の供養の仕方についての意識が大きく変化しています。特に近年は、故人の意思を尊重する傾向となり、様々なスタイルのお葬式が行われるようになりました。それと同時に、少子化や核家族化の進行により、お墓についての考え方も見直されてきています。そのような流れの中で、最近着目されるようになってきたのが、永代供養です。これまでの普通のお墓は、先祖から子孫へと代々受け継がれていくのが前提でした。一昔前のように兄弟がたくさんいれば、皆で力を合わせてお墓を守ろうということも可能でした。しかし現在は少子化によって、遺族一人ひとりの負担が大きくなり、お墓の管理が重圧となります。永代供養は、寺院や霊園に遺骨を預かってもらい、代わりに供養や管理をしてもらう方法です。これにより、将来無縁仏になるかもしれないという不安を解消することができます。

また、現実的な話として、お墓の管理にはそれなりに費用がかかります。特に核家族化がすすんでいる現代、先祖代々のお墓がない場合は、新しくお墓を用意しなければなりません。あるいは実家にお墓があっても、居住地から遠距離で、そちらのお墓に入らない方がいいこともあります。そのお墓に入ったとしても、遺族がお墓参りに行くのが大変になってしまいます。そのため、遺族の将来の負担を考慮して永代供養を希望する方も増えてきています。

お盆に家族が集結し、お墓参りを通じて絆を深めるのが、これまでの日本の風習であり原風景の一つでした。今は実に様々な理由で、遺族が墓を守り続けていくことが困難になってきています。だからといって、先祖への畏敬の念や供養の意識が失われているわけではありません。永代供養は、時間やお金をかけられない人にとって、故人も遺族も安心出来る供養方法です。遺族が無理をしない形で供養をする方が、故人にとっても心残りがありません。自分たちのライフスタイルを維持しつつ、大切に供養をしたいと思う心の表れなのです。

以前は多くの人たちが、永代供養は身寄りのない人向けの供養であるという印象を持っていました。長い伝統や慣習から抜け出すのは、多かれ少なかれ抵抗を感じてしまうものです。しかし価値観が多様化している現代社会において、お葬式や供養の在り方を模索するのは当然の流れです。お葬式や供養は、残された人たちが故人を偲び心の慰めとしてその後生きていくために行うものです。故人をどのように見送り供養するのが自分たちに合っているのか、今一度考え直すときが来ているのです。

最新ニュース